発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


8/06/2009

妖怪ポリタンク

梅雨が明け、天気が回復してくると、なにが困るって「水遣り」です。

我が家のベランダには水道栓がありません。
水耕栽培の植物たちに遣る水は、お風呂場からバケツで汲んで来なければいけません。
一度に運べる水の量は、6L入るバケツ2個を両手で12Lが限度。
これだと、多いときは水遣りのためにお風呂場とベランダを3往復しなければいけません。

バケツなので水をひっくり返す心配もあるので、これは何とかしなければ!というので、先週末にホームセンターへ行って来ました。ポリタンクを買ってきたのだな。

ポリタンクなら、たっぷり入って、しかもフタつき。安心してたくさんの水を一度に運べます。
今回は、安くてたっぷりサイズだった20Lの水用ポリタンクを買ってきました。


購入したのと同じ商品。
取水は大口で、出水はコックで開閉自在という
なかなか便利なしろものです。

20Lと言えば、バケツ3杯分強。なかなかの増量ではないですか。

・・・ところが。

昨日の朝、お風呂場の浴槽の中にポリタンクを置き、蛇口をひねり、ウキウキでポリタンクに水を満たします。そして、いざ運ぼう、というそのとき、スゴイことに気づきました。

・・・ポリタンクが持ち上がられない・・・

そうなんです。浴槽の底は床より少し低いところにあって、前かがみになってタンクを引き上げないといけないのですが、タンクが重すぎて、持ち上げられないのです。浴槽の側面に手すりのついている我が家の浴槽では、壁づたいに引きずり上げることもできず、きっと妖怪でも入ってるんじゃないかと思うほど、それは重たく感じられ、タイヘンでした。

20Lって、メッチャ重いのね!よく考えたら米2袋分ですもんね!!
これはまったくの想定外でした。

そうして水運びは振り出しに戻り、今日もバケツで往復したのでした。笑

負担少なく、たくさんの水が効率的に運べる方法
なんかないかなぁ・・・悲
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ