発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


8/28/2009

ペペのリベンジ計画

ミニトマトだったはずが、マイクロトマトと化していた、ミニトマトのぺぺ。

それもそのはず、受難の日から1ヶ月半の間、新しく脇芽が伸びてきても、片っ端からハダニとサビダニにやられて枯れていくという、いたちごっこの状態で、もう息絶え絶えだったのです。

茎がグルグルととぐろを巻いてるのが丸見え・・・汗;

実を生らすなんて余裕もなく、たまに実が膨らんでも、直径1cm強くらいで赤くなってしまう状態。

こんな寂しいペペちゃんでしたが、枝先に伸びる脇芽はことごとくダニにやられるので、ペペちゃんも考えたのか、とうとう根元からわさっと脇芽を伸ばしたのです。そして、ダニ類は上へ上へと移動していくものなのか、不思議と低い位置の脇芽に寄り付かず、被害にあうことなく育ってきたのだな。

そんなこんなで、一昨日の朝、コロマイト乳剤を散布したのをきっかけに、生き生きと復活してもらうべく、思い切ってバッサリ剪定しました。実らしい実もなっていなかったので、思い切りやれました。

思いっきりバッサリと

まるで5月初旬に戻ったようなショートサイズです。

さぁて、この株が無事に大きくなってくれるかどうか?
ペペちゃんに復活の日はやってくるのか?

その行方はまず、コロマイト乳剤の効き目にかかっています。
そして今のところは順調です♪

ぺぺちゃん、我が家の野菜でいちばん頑張ってくれた功労者です。
トマトとしての味の良し悪しとかは別としても、
愛着は他に優るものがあるので、なんとか復活して欲しいです。
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ