発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


9/13/2009

夏野菜いろいろ撤収

昨日は1日雨が降り続きましたが、今日はカラッと晴れ渡りました。

今週も、休日が1日しかないので大忙しです。
朝からせっせと撤収作業です。秋冬栽培の場所確保のため、いろいろ整理しました。

まずは、ミントと坊ちゃんカボチャ。

なぜか大葉がここにいる・・・

昨晩、デパ地下の生鮮食品売場で山盛りにして坊ちゃんカボチャが売られているのを見て、ちょっとムッとした自分に気づき、撤収を決意しました。笑

さようなら、坊ちゃん。

坊ちゃんの撤収と一緒に、ミントもバッサリ刈り込みました。ほとんど丸坊主。
このミントですが、通勤途中に通りがかる舗装していない駐車場の脇で、雑草として育っていたのを数本もらってきたものです。本家の駐車場ミントは、刈られても刈られても、ゾンビのように復活しているので、この子もきっと大丈夫だろう、と。

坊ちゃんの後釜には、他の発泡スチロールで育てていた大葉を移植しました。
今年の大葉栽培は大失敗だったけど、ここで少しは息を吹き返してくれないでしょうか・・・?

そして、赤いミニトマト、黄色いミニトマト、ポンデローザ2本を撤収しました。
まだたくさん実が残っていたのですが、ここは思い切ってバッサリ行きました。

これで、30L発泡スチロールの栽培装置が、1個片付きました。

あなたには、すぐ次の仕事が待っていますよ?

それから、パプリカペッパー2株。

海外品種の種をネットショップで購入したのですが、種を撒くのが早すぎたのか、日本の気候に馴染まないのか、全然育ってくれませんでした。いろいろな色の小さな実がたくさん生る、という触れ込みを見て楽しみにしていたんだけど、ちょっとガッカリ。まだ種が残っているので、来年育ててみるかどうしようか?考えときます。

最後に、自家採取の赤パプリカ1株。

この赤パプリカは、10粒ほどから芽が出たのだけど、脱落者も少なくみんな元気に大きくなっていたのです。場所がなくなるにつれ、成長の遅いものから撤収していたのですが、実がついていない最後の株を、今日撤収しました。あとの株には大小のパプリカが成っているので楽しみです。

他の株には、パプリカらしい実がなっています
小振りだけど・・・

けっこうスッキリして、ベランダの奥にも日差しが入るようになりました。
今年は冷夏だったから、効果の程をいまひとつ実感できなかったけれど、こうやって見ると、けっこう日差しを遮っていたのねぇ。

来年は、キュウリで緑のカーテンを作って、3ケタ収穫することが目標です。はい。
 
ブログランキングに参加しています
頑張ってくれた夏野菜たちに、ねぎらいの一票をよろしくお願いします
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ