発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


11/30/2009

わが家のベランダ近況 【その5】

日付を跨いでしまいましたが、我が家の話題性に乏しくて紹介しづらかった野菜たちを、続けて紹介していきます。ということで、

その第5弾。

ペットボトル白菜

定植時期を逃して、枯れかけた白菜の苗を、慌ててペットボトルに植え替えたものです。
まだ、枯れかけた苗が3株ほどありますが、定植し切れていません。
ペットボトル栽培容器の作成が需要に追いつきません・・・汗;

植え替えた3株は、葉が次々と枯れていく痛ましい状態からは脱し、小さいながら葉数を増やしています。まさか玉にはならないと思いますが、あまり期待しない程度に見守ってます。

ほんとはペットボトルで白菜を結球させたかったのだけど
コレでは諦めて、春栽培する予定のミニ白菜に託すことにします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

11/29/2009

わが家のベランダ近況 【その4】

夏場とちがって、植物の成長も緩やかな季節ですが、ベランダの野菜たちは頑張って育ってます。

前進してる感がなく、なかなか記事にできないものもありますが、備忘録を兼ねて、わが家のベランダ栽培物を一挙公開ということで、

その第4弾。
先日も少し記事にしたミント

朝方くらいしか直射日光の当たらない、ベランダの塀際に置かれたミントですが、ホントに強いんです。こんなにも青々と育ってます。

前にも書いたけれど、このミントは、通勤途中に通りがかる駐車場の脇に伸び放題になっているのを、少しばかり摘み取ってきて、栽培し始めたものです。

さすが出生が雑草階級なだけあって、丈夫で簡単にはヘコタレません。笑

夏のギラギラした太陽が似合いそうな南米のカクテル「モヒート」を作って飲みたいがために育てていたミントですが、夏場はアオムシにやられ、照りつける太陽で葉が固くなってしまったこともあり、十分に楽しむことができませんでした。

ラム酒も、ライム果汁(ホンモノのライムあは高いのだ・・・)も、炭酸水も買って用意してあるので、あとは新鮮なミントを待っていたら、冬になってしまいました。笑

年末年始に暇を持て余して、作って飲んでるかも?
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

わが家のベランダ近況 【その3】

夏場とちがって、植物の成長も緩やかな季節ですが、ベランダの野菜たちは頑張って育ってます。

前進してる感がなく、なかなか記事にできないものもありますが、備忘録を兼ねて、わが家のベランダ栽培物を一挙公開ということで、

その第3弾。

章姫いちごの親苗です

今年の春に4株を購入し、夏の間にせっせと株を増やしてきました。
しっかり働いてくれた功労者なのですが、ついつい管理がおろそかになり、気づけば紅葉してました。

和さんの記事によると、これはチッソ不足のようです。確かに、ここのところ雨水が入るにまかせて養液の入れ替えをほとんどしていませんでした。

そんなわけで、この週末に、養液を全部入れ替えて、赤くなった葉を取り除きました。

すっきりしたけど、なんか寂しい

この後どう育っていくかはわからないけど、春には元気になってくれてるといいな。

初春にイチゴが元気に生ってくれないと、
夏野菜の種蒔きが待ちきれずに、ウズウズしちゃうこと必至です。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

わが家のベランダ近況 【その2】

さて、夏場とちがって、植物の成長も緩やかな季節ですが、小さいながら、ベランダの野菜たちは頑張って育ってます。

些細すぎて、なかなか記事にできないので、備忘録を兼ねて、わが家のベランダ栽培物を一挙公開ということで、

その第2弾。

ニンニクです

もうこれは、休眠状態と言っていいんじゃないでしょうか?

ほとんど成長が止まり、下葉から枯れ始めています。去年の記録では、冬至を越したあたりから少しづつ元気を取り戻し、2月ごろにはグンと成長を始めます。

秋のうちに、あまり大きく育てられなかったので、今年の出来栄えはちょっと小振りになってしまうかもしれませんが、休眠から目覚めるまで、静かに時を待つことになりそうです。

困ったことに、ニンニクに小バエが群がっています。
そろそろアルコール散布攻撃をしかけなければいけません。泣
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

わが家のベランダ近況 【その1】

すっかり冬らしく、寒くなってきました。もう12月ですもんね。早いもんです。

さて、夏場とちがって、植物の成長も緩やかな季節ですが、小さいながら、ベランダの野菜たちは頑張って育ってます。

些細すぎて、なかなか記事にできないので、備忘録を兼ねて、わが家のベランダ栽培物を一挙公開ということで、

まずその第1弾。

あうー、あまりにも些細すぎ


これは、もち菜の苗です。

もち菜は、名古屋のお雑煮には欠かせない重要アイテムです。というのも、名古屋のお雑煮には、

『お餅と、もち菜しか、入っていない』

から。冗談でもなんでもなく、名古屋のお雑煮は、ケチのレベルを通り越した超シンプル雑煮なのです。

生粋の名古屋人にとっては、これがたまらなく美味しいんですけど。あ、比較的新しい名古屋人は、これに鶏肉を加えたりするらしいです(邪道だ、邪道!笑)。

こよなく名古屋のお雑煮を愛するわたしですが、だからこそ、この「もち菜」が重要なのです。
もち菜は、上記のとおり、お正月のお雑煮でだけ食べる正月野菜なのですが、そんな訳で売れる時期が限られていて、最近では、なかなか農家が栽培してくれなくなってしまいました。なので、市販されているもち菜には、この季節限定で「こまつ菜」のパッケージを「もち菜」に変えた、偽もち菜が増えてきたのだな。というか、ほとんどが偽もち菜です。

そんな風なので、自宅でもち菜が育てられないか?というので種を買ってきたのです。
名古屋のもち菜の種なのかわからないけど、こまつ菜として売られている種ではないので、近いものが味わえるのではないか?と。

ところが、このもち菜、種を撒いて1ヶ月でコレです。全然育ちません。去年育てたときも、収穫は2月になってしまい、お雑煮どころじゃありませんでした。

残念だけど、今年も自家製もち菜は、間に合いそうにありません。

種を撒いて、もう1ヶ月も経つのに、本場2枚ってどーよ?
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ


11/27/2009

たわわなアイコ

アイコの実がいっぱいです。

でも、なかなか赤くなりません。

この写真だけで、十分伝わりますよね

最近、なかなか赤くなりません。早く食べたいわぁー。

収穫数の集計をサボり始めて2ヶ月くらい立つような?
収穫総数は知りたいけど、記録写真の数が膨大で・・・汗
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ


イチゴの花が咲きました♪

やはり、室内に移設した効果は高いようです。
ペットボトル栽培中のイチゴ「章姫」の苗に、花が咲きました♪

なんて愛らしい♪

でも、まだまだ定植したばかりの苗。クラウンの部分を見てみると、まだ十分に育っているとは言えなさそう。

わ!まだ他に2つも蕾がついてるじゃない??

どうなんでしょう?これは、イチゴを実らせるべく、受粉の努力をした方がよいのでしょうか?
それとも、もう少し苗が大きくなるのを待ったほうがよいのでしょうか?
勉強不足で判断基準がないものだから、迷います。

さっそく調べないと!!

ペットボトル栽培、案外と順調です。
この調子で数を増やさなくては!

わが家の栽培史上、
もっとも投資額が高いのが、この章姫イチゴです。
春に親苗を4株も買ってしまったもので。汗
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

ペットボトルで白菜を

9月下旬に種まきした白菜があったのです。

分厚い洗車用スポンジに種を撒いてから、ずーっと育苗トレーに入れたままになっていたもので、とうとう弱ってきて外葉が黄色くなってしまい、コリャイカン!というわけで、あわてて定植しました。

2リットルのペットボトルですが、なにか?

白菜をペットボトルっていうのは何じゃないか?と思いつつ、然るべきときに定植して順調に育っている他の白菜と見比べて、これが真っ当なサイズに育ってくれるとは思えず、せめて枯れずにミニ白菜として育ってくれれば十分、という思いからペットボトルにしたのです。

・・・すいません、単なる言い訳です。

わが家で増殖を続ける2リットルペットボトル栽培装置、水遣りの手間が少ない秋冬だからこそできる方法と思っています。

夏になったら、コレ全部に毎朝夕にたっぷり水遣りするのは至難の業です。ってかムリです。笑

既に苗が弱っているので、この先どうなるかわかりませんが、乞うご期待?

このまま収穫するよりは、大きくして食べられるだろう
・・・と、希望を持ってみる
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

ポンデローザ、色づく

今朝、ベランダに出て発見しました。

決して下から赤い光を当ててるんじゃありませんよ?

とうとう、我が家のポンデローザ、通称ポン様の実が、色づきはじめました。
いつの間にか大きくなり始めていた隣りの実も、小さいまま一緒に色づいています。

収穫できるまでに赤くなるには、まだかかりそうですが、間に雨が降りそうなので、裂果する前に収穫しなければいけないかもしれません。

それとも、ビニール袋でもかけようか?笑

トマトが実るのを見るのは久しぶりなポン様ですが、この実だけじゃありません。

ここにも!

ここにも!

ここにも!

今さら感をムンムン漂わせながら、トマトトーンの効果を最大限に発揮している気まぐれなポン様なのでした。

あなた、ちょっと遅すぎるのよね
チビポンたち、これから
どうするつもりなの
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

11/25/2009

虫食いだらけの白菜

もう腹の立つことったら!ほんっとに小憎たらしい!

誰のことかって、ヨトウムシですよ。

朝晩がずいぶんと冷えるようになってきて、見回りをサボり気味になっていたら、いつの間にやら白菜の葉にプツプツと穴があき始めました。


そんな訳で、昨日の夜は雨の中、ベランダの夜回りをしたのですが、案の定、体長4cmサイズのヨトウムシを1匹捕殺しました。もうほんと、ヨトウムシってなんなんでしょうね?まだまだ虫食い穴は小さいわ、なんて高をくくるっていると、突然それが大穴になるのです。

ある日突然、巨大化するとしか思えないっ!
昨日まで2cmだったヨトウムシが、今日の昼間に突然4cmになったに違いないっ!

・・・と、そんなワケないんだけど、そんな風に思ってしまいそうな変化っぷりです。

そして今日の夜は、天気もよく、比較的暖かかったので、昨日よりもじっくりと夜回り。
体長2cmサイズを6匹も捕獲してしまったのでした。そりゃ、白菜も穴だらけになるわねぇ・・・汗。

順調に育っている5玉のうち、結球の兆しが見え始めているのは3玉ばかり。お正月明けくらいには、収穫して食べられますように~♪

白菜は大好物なのです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

地味ながらミントも成長

わが家のベランダは、柵ではなく塀で囲まれているので、冬になると南半分の地面は影になってしまい、十分に日光が当たりません。

なので、栽培している野菜は、背の高いトマトを除いて、みんな北半分に寄せて置いてあるのです。

ただし、例外が1つだけ。それがミントです。

直射日光は当たらないけど、元気に育ってるミント

直射日光バリバリだった夏場のミントと違い、半日陰で育つ秋冬のミントは柔らかくて、さすがに日も当たらない場所の香りの強い草を選ぶアオムシもいないようで、虫にも食われず良い感じです。

やっとこさ美味しいモヒートが作れそうだ♪と喜んでみたものの、気づけばモヒートの似合う夏なぞどこかへ行ってしまった後で、ちょっと微妙な気持ちなのでした。

このミント、発泡スチロールの下で、どんどん地下茎を伸ばしています。
こんな栽培をしているので、チョキチョキ切ってしまえば終りなのですが、土植えのミントが、雑草のごとくどんどんと増えるわけだなぁ、と感心するやら、恐ろしいやらです。

冬場のミントを有効に使う方法ってなにかしら・・・?
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ