発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


7/16/2010

ベランダにセレブの風?

またまた、いただきものをしてしまいました。

右の絵でピンと来たあなた、水耕栽培ブログ通ですな。笑
そうなんです、Sunday, Sunny day のNaomiさんから、種をいただきました。
Naomiさん、ありがとうございます~♪

1つは、Naomiさんのブログでおねだりしてしまった、フランネル・フラワーです。この種は、園芸でちょこっと 科学のともこさん がNaomiさんに送られたもので、間接的にお裾分けいただいたことになるわけで。
ともこさん、ありがとうござ います~♪


すくすくのベランダには掟がありまして、育てる植物は「食べられること(=野菜) or 食べられるものを守ること(=コンパニオン・プランツ)」 と決められています(<誰よ、そんなの決めたの?)。

が、しかし。栽培3年目にして、とうとう掟破りの例外が誕生するやもしれませぬ。

フランネル・フラワーは、食べられないのです。
フランネル・フラワーは、食べられる野菜を守れないのです。

けどね、めっちゃくちゃ美しいんですよ、コレが。

もともと、マーガレットとかガーベラみたいな花が大好きで、ヘリクリサムシルバーのような涼やかな北欧を感じさせる植物が大好きなので、その両方を併せ持つようなフランネルフラワーに、一目で虜になってしまったわけなのです。

----------------------------------------------------------
フランネル・フラワー
フランネルフラワーは、岐阜県農業技術センターで育成された新しい花です。暑さ、寒さに強く、そのうえ病害虫にも強くて育てやすいうえに、なんといっても 花がとても魅力的です。 草姿がコンパクトで鉢栽培に向いているので、これから栽培が増えると思われます。 
----------------------------------------------------------

直射日光の当たる場所を好むとかで、冬の日当たりが悪い我が家のベランダだと、ちょっと心配なところがありますが、ともかくチャレンジ!です。

もう1つは、Naomiさんがおまけに送ってくださった、連山という名前の野菜。
ブロッコリーとカリフラワーのあいのこみたいに見えます。調理方法も同じだとか。

もう、周囲のみなさんは秋冬の栽培計画をしたり、準備をしたり、されているようですが、我が家はまだなーんにもしてません。やっとサカタのタネと、中原採種場のカタログをゲットしたばかり。2年連続でやった白菜栽培は、収穫するまでに想定以上に時間がかかるので、冬の間も収穫が楽しめる何かが育てたいなあー、と思っているところ。

この連山、今年の我が家の秋冬栽培に、ぜひ加えてみようと思います♪

いよいよ夏本番!水奴隷も本番!!orz
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ