発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


6/29/2010

我が家の生育被害いろいろ

一難去って、また一難。

アブラムシが少なくなってきたと思ったら、次なる敵が次々と。
美しい青色に陰りが見えてきた我が家の被害状況を整理してみます。とほほ。

まずは、キュウリのラリひょん(ラリーノ)

この黒いブツブツ、てっきりハダニの影響だと思ってたんですが、ネットで調べたアザミウマ被害の特徴に類似していました。そして、わたしの推測が間違いなければ、画面中央にボヤッと写っている黄色い粒がアザミウマ??

これがラリひょん(ラリーノ)の全体像

葉の白っぽいところは、裏を返すと、みんな上のような黒いブツブツが見えます。これはやっぱり、ガムテープ戦法ですかね・・・?

同じキュウリの聖護院節成胡瓜にも、同じような被害が出ています。

中央にいるのはヒメカノコテントウムシ

これも葉を裏返すと、黒いブツブツです。そして葉のふちが茶色く枯れています。
最初に園芸ネットの天井まで伸びた親ヅルは、30cm以上の巨大な葉を茂らせていましたが、摘心してからすっかり元気がなくなって、腰の高さくらいまで刈り取りました。

子ヅルの葉は、親ヅルに比べて小さめです

しばらく様子を見て、全体に元気のない状態が続くようなら、、付いている実を摘果して様子見ますかね。それとも諦めてオクラに植え替えますかね?(それも魅力的・・・汗;)

次は、苗取り中のイチゴ。

葉っぱがところどころ、クシャクシャ&カリカリ

親株から卒業した7株のイチゴ苗

たぶん、雨で水没したり、日差しで乾燥したりを繰り返した代償ではないかと思います。しばらく放っておいて、根がしっかりしてくると伸びる葉もキレイになると思うので、気にせず放っておくことにします。ただし、うっかりアオムシに食べられないように気をつけないと。

アオムシと言えば、フェンネル。



あ、この子は今日フェンネルで孵化したテントウムシ

アブラムシの仕業ばかりと思っていたフェンネル。いつの間にか、アオムシも食害していました。テントウムシに見惚れていて、葉のフリをしている小さい青虫を発見したのです。全部で6匹も退治しました。危ない、危ない。

そして、次なるターゲットは・・・

野菜戦艦レジナ。

レジナ祭に向けて、すくすく育っているレジナですが、これはハダニの被害のようです。

細かい白いプツプツ、実際には色抜け

 
下葉から茶色く枯れてしまいます

概して大きな被害ではないし、なかなかコロマイトする気になれなくて、もうちょっとの間、ときどき霧吹きをして様子を見ようと思っています。

それから、これはもう過去形なんですけど・・・

ピーマンの葉

苗から成長する途中で、新芽が片っ端から歪んでしまう時期がありました。これは去年も同じだったのだけれど、どうもアブラムシ被害の季節と重なってる気がします。

これが6月5日の新芽

これが6月29日の新芽

現在の新芽はキレイそのもの♪
特に収穫量に影響することもなかったので、スルーしてしまいましたが、備忘録的に載せときます。

あとは、イタリアントマトの株下にゴロゴロと大きな糞が転がっていて、アオムシがいるはずなのに見つからないとか、そういう問題はあるものの、とりあえず、こんな感じでしょうか?

どれも被害は小さいので、見て見ぬフリをしています。

後で後悔するかなぁ・・・でも暑いもんなぁ・・・水遣りするだけでギブアップです。(><;)>


のんびり野菜と付き合えるのも、あと数日なのに・・・;
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ

6/28/2010

トマトにアザミウマの被害?

先日、我が家のラリひょんについて、地味に暮らしは南向きのユンイさんから良いサイトを教えてもらいました。

こうち農業ネット きゅうりの尻太果、先太り果

我が家のラリひょんは、まさにこの症状です。とっても樹勢が低下中。

もうちょっと葉を茂らせる方にパワーが行くように、少し摘果しないといけないかもと思って、4~5節目くらいまでのところにある小さな実は摘果しました。

最近キュウリを育てている人たちが、1本仕立てとか、2本仕立てとか書いてるのを目にしますが、我が家では、1株から、親ヅル1本んと子ヅル3本の計4本が伸びていて、だからパワーが足りないのかなぁ、と思ったり。2本くらいに量を減らした方がいいんでしょうか?

それで、この「こうち農業ネット」いろんな作物の病害虫を写真つきで紹介していて、分かりやすそうなので、いろいろ見ていたら、偶然見つけました。


これを見て、うちのベランダで見覚えある!と思ったのです。

コストルート・ジェノベーゼの第一果房です

なんか、火傷して水脹れになったみたいなトマトがあるなぁと、昨日から気になって写真を撮っていたのです。なんてタイムリー。コレコレ、コレよ!おんなじよ!

今朝ベランダに出て、早速採取しました、このトマト。

これがアザミウマの仕業なんて
しかもタマゴ産まれてたなんて

許せんっ!!というわけで、白ぶくれ部分をスライスしてみたりしましたけど、肉眼ではタマゴは確認できませんでした(あたりまえ?)。

包丁ごと熱湯で湯銭して始末しました。

でも、アザミウマって、どのムシのこと言ってるのか、確信がないのです。画像検索して調べてみるも、いまひとつピンとこない。

ものすごーく、小さいんですよね?1mmくらいの細長い黄色いヤツで、ゴーヤの黄色い花にうらうらしてるやつのこと?

アザミウマに効く薬剤というのも、あんまり見つからなくて、ゴーヤの花についているのがソレだとしたら、黄色に反応してるみたいなので、もう一度、ハエ取り紙を導入しようかな・・・とか考え中です。

敵はハダニだけではなかったのか・・・
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ

6/27/2010

君の名は、ラリひょん

今日の収穫物は、あいかわらず、緑・緑・緑!


左上のミニキュウリ2本がラリーノなんだけど、あーもう、なんで我が家のラリーノは、どうにもこう・・・

ひょうたんなのだ?
(カットするとこんな感じ・・・)

このミニキュウリに、ラリーノと名乗る資格はないんじゃないか?というわけで、命名することにしました。

ラリ」ーノ + 「ひょ」うた「」 = ラリひょん

そうよ、あんたの名前は、今日からラリひょんよっ、ラリひょん!!

ふはははは、元の名前ラリーノに戻して欲しくば、まっとうなラリーノを実らせるがよい。

ま、わたしは「ラリひょん」の方が好きだけどね・・・
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ

再生コリアンダー始動

先日、コリアンダーを枯らせてしまいました。

砂培地で育苗してたのに、ぐずぐずしていて定植が遅れたりしていたので、人的被害なのですが・・・。

これからまた種を播いても、発芽・育苗が大変なので、今回は過去にいただいたduckbillさんのアドバイスを参考に、再生コリアンダーに挑戦です。って、これを書きかけてからよく読んだら、duckbillさんは、野菜売り場で買ってきた根つきコリアンダーを、そのままペットボトルの栽培装置に差してました。

我が家はと言えば・・・
ガッツリとカットしちゃいました。泣

セットしたのは、6月24日。

しまった、カットせずに植えてしまえば、生葉をもっと楽しめたんですね~。

我が家では、カットしたコリアンダーを3cm幅くらいに切り、タッパーに入れて冷凍庫行きにしてしまいました。生葉のフレッシュさは失われてしまいますが、案外と長持ちして使えます。

でも、生葉で保てるなら、そうしたいところですよねぇ。涙

2日半経って様子を見たところ、4株あったうちの2株はシナシナになっていました。根が順応できなかったみたい。2本のうち1本は根が引き抜けましたが、1本は埋まったままになってしまいました。

そして、不要になったビニールテープを外し、茎だけの部分はきれいにカット。

再生コリアンダー始動!

栽培装置は、VegeLogさん風方式を採用!

見た目だけVegeLogさん風ですが、同じかどうかわかりません。苦笑

【今回のペットボトル栽培装置の作り方手順】

  1. ペットボトルの横幅が小さくなるくらいのあたりから上をカット
  2. 切り取った飲み口側を逆さにして、飲み口に向かって放射線状に切り込みを入れる
  3. 飲み口側を下にしてペットボトルの底に落とし込む
  4. たっぷりバーミキュライトを入れながら、コリアンダーの苗をセット
  5. ペットボトルの底に水が染み出るくらい水耕栽培用の養液を注入
  6. ペットボトルの底から3cmくらいのところに、空気穴を開ける

・・・これは、土耕栽培の部類に入るのでしょうか?水耕栽培の部類に入るのでしょうか?ちょっと良く分からないけれど、これで上手いことコリアンダーが再生できたらいいなぁ!


今回購入したコリアンダーは398円もしたので
がんばってもらわないと!!!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ

6/25/2010

イチゴの苗取り

昨日の夜は、ワールドカップ予選の 日本 v.s. デンマーク 戦を見ようと意気込んでいたのに、スタートのホイッスルが鳴るのを聴いたのを最後に、睡魔に負けました。

あんた、なんのために27時30分まで起きとったーん!?

というわけで、目が覚めてテレビつけたら、日本が圧勝?してました。おぉぉ、大事な瞬間を見損なってしまったぁぁぁ!

わたしは当初、「そんなもん、日本が3連敗でしょー。現実を見ようよ、現実を。」と思っていました。岡ちゃん(岡田監督)ゴメンなさい。わたしが間違ってました。でもね、ウレシイね!にわかサッカーファンですけど、ホント心から

おめでとう!日本!!

です。(あー、何がなんでも起きときゃヨカッター)

さて、本題ですが。
いま、我が家のベランダで、イチゴがたいへんなことになってます。

わらわら、わらわら

春先には20株あったイチゴを4株に絞り、来年の春に向けて苗取りを始めてるんですが、もう、親株の葉の茎は長いし、ランナーは長いし、苗ポットに固定してるランナーがあると思ったら、まだ宙に浮いてる若いランナーも、という感じで、何がなんだかわかりません。

ちょっとはスッキリするかと思って、親株の葉をスッキリしてみましたが・・・

焼け石に水

あんまり劇的な効果なく、間違ってランナーをカットしてダメにしてしまったり。(><;)
苗取りを開始した5月末はこんなだったのに、もうすごい茂りよう。

まだロクに根も張れないうちから、ランナーを伸ばして孫株作りを始めようとする子株もあって、そういうときは、容赦なくランナーカット!しています。

大人になってからまた来なさいっと。笑

ちなみに、ランナーが伸びてきたら、苗ポットに土(我が家ではバーミキュライト)を入れて、ランナーの先を土の上に固定します。

こんな感じ

ランナーがどんどん伸びていくので、乗せてるだけだと飛び出してしまったりしますから、土に固定してやります。我が家は今年、麻ヒモを短く切って、ランナーに被せるようにして、両端を土に埋めて固定しています。

去年は全部で40株のイチゴを育てました。さぁ、今年も増やしますよー!!!

・・・と、前回のイチゴ記事でも宣言してました。笑
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ

青野菜のわんさか収穫祭

昨日の青空はキレイでしたねぇ!

夕焼けも素敵でしたよ

なぜいきなり夕焼けの写真かって?それは、ここから先が青色一色だからですよ。先に赤いものでも見とこうかと思って。笑

いやいや。

昨日、ベランダの収穫はゼロでしたけど、それは、ぶら下ってる実が、みんなあと一歩!な感じだったから。今朝、昨日の太陽をしっかり浴びて、立派なサイズに膨らんだ実をたくさん発見しました。

と言うわけで、収穫です!!

どどんっ!!

これだけたくさんのキュウリが一度に収穫できたのは、すくすく史上初めてのこと!

念願のキュウリ三昧♪ ラリーノ1株・聖護院節成胡瓜1株からの収穫とは思えない、立派な働き振りです。

といっても、ラリーノは相変わらず、ひょうたん気味

聖護院節成胡瓜は立派なものです♪

左がピーマン、右がししとう

そしてゴーヤ

あいかわらず、収穫風景が青いです。赤い色が加わるのは、いったいいつの日になることやら・・・です。


豊作な子達は、みな1株づつ
2株+1株もあるゴーヤは、もっと頑張るべきだと思う
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ