発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


7/02/2011

トマトの色づき経過報告

アイコ、タイ・ピンク・エッグ、コストルート・ジェノベーゼ、サンマルツァーノ・ルンゴと、4種類のトマトが狭い軒下にずらり並んでいる、すくすく水耕栽培のベランダです。

色づきはじめると、圧巻
全ての品種が色づきはじめて、ベランダの景色が華やかになりました。なんというか、偶然ですけど、いろどり的に抜群な配置でした。

順調そうに見えるトマトですが、そこはやっぱり生き物ですから、トラブルもあります。

まず、サンマルツァーノ・ルンゴ。
尻腐れが多くて、毎日ポロポロと育ちかけの実が落ちています。残念だけど、食べられないかもしれない実にエネルギーをかけるのはもったいないので、今朝、まだ育ち始めの尻腐れ果は、全部撤去しました。ルンゴだけ、養液を薄めて与えるようにしているので、これで次からの実はキレイになるといいな。

それから、タイ・ピンク・エッグ。
ここ数日で、ちょっと元気がなくなってきました。

なんとなく、葉っぱが萎れ気味・・・
実がたくさん生りすぎて、体力不足なのかしら?今赤くなっている実が収穫できたら、カットして株を休めてあげたほうが良いのかな?でも、今赤い実を収穫する頃には、次の実が赤くなるわけで・・・。

最後は、ジェノベーゼ。
今、枝にかかっている荷重がとても大きいのです。麻ヒモを絡めてある茎もしんどそうだけど、支えている麻ヒモも、それを吊ってる洗濯物干しロープも、しんどそうです。

ぱっつん、ぱっつんの、ジェノベーゼ
この房が収穫し終わったら、次の房は着果数を調整しようと思います。
もっとも、次からの房には、そんなにジャンジャン生ってませんが・・・

そして、これは毎年のことですが、ハダニが出始めているような感じがします。トマトの葉が、ところどころ茶色っぽくなってきたのです。

去年は、コロマイト散布した途端に雨が降る、という大失敗をしました。
今年は、いつコロマイトを散布するべきか、よーく考えなければいけません。


今年は虫とあんまり闘わずに済んでると思ってたんだけど・・・
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
人気ブログランキングへ