発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


6/25/2012

いい箱みつけた♪

行きつけのスーパーで、いい発泡スチロール箱を見つけました。

コレです、コレ。
浜松産の小ネギが入っていたようです。 外周りで、25×22×63。
そうそう、こういう細長いのを欲しかったのよ。


普通、細長い発泡スチロールって魚用が多くて、たいてい生臭くて使えないのです。
その点、ネギが入っていた容器なら、臭いの心配もなくて最適です。
速攻でいただいてきましたー♪

ちょっと壁の厚みが薄いけど

20リットルくらいは養液を入れられるかな?という感じ。

大物野菜の栽培には向かなさそうだけど、 2リットルペットボトルの頭を3~4つくらい乗せて、空芯菜を育てるなら、容量も申し分ないし、スゴクいいんじゃないかしらね?

冬になれば、ミズナとか小型の白菜も育てられそう。

そういうワケで、例の如く、アルミホイールをぐるっと巻きつけて、上からアルミシートで覆いました。

遮光性は、アルミホイールの方が良いのだけど、なんといっても耐久性がないのです。
耐久性で言えば、アルミシートなんだけど、こちらはいまひとつ遮光性が弱いのです。
だから、両方巻きつけます。

両面テープを駆使して貼り付け完了
ちなみに、アルミシートを巻きつけるときは、発泡スチロールを霧吹きで濡らしておくと、良く貼り付くよ?

今、出窓には、スポンジから発芽した空芯菜の苗が徒長しながら定植を待っているので、こちらに植え替えしようと思います。

定植の方法は、また明日考えます。水やり用の給水口も作ってやらないとね。

休日のうちに、この発泡スチロールをもう1個ゲットしました♪
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ