発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


8/02/2012

水位計を工作2

久しぶりな投稿になりました。

暑い日が続いて、なけなしの脳みそが耳から溶けて流れ出そうになっています。

先週、名古屋の最高気温は、36.9度を記録しました。
冬の0度と-5度は相当違いますが、夏の32度と37度も相当違いますよ、ホント。


我が家のパソコンが置いてある部屋は、クーラーがないので、パソコンの前に座る気になれないので、なかなかこのブロクも更新できず、携帯電話で何とかなるコメントくらいしか打てませんでした。


さて本題ですが。
先月、栽培装置の液肥の残量を見やすくするために、水位計を作りました。

が、その水位計に欠陥があることが判明しまして。
なにかと言いますと、使ってる竹ひごがカビるのです。とほほ・・・

天然素材ですからね、よく考えればあり得るんですが・・・
そういう訳で、カビない水位計を作るべく、再びトライしました。

で、できたのがコレ。

給水タンクに取り付けました、の図
簡単に言えば、渇水すると旗が立つ水位計です。

材料は、

  • ストロー
  • 釣り糸
  • プラスチックのボビン
  • 爪楊枝
  • 透明テープ
  • 派手な柄の広告(^^;)
  • 発泡スチロールのかけら
  • おもり(ステンレスのネジを使用)

です。

作り方は、簡単。

  1. 旗(絵心がないので、派手な広告を透明テープでガードしたもの)を作って爪楊枝につけ、その爪楊枝に釣り糸を括り付けます。
  2. ストローを給水タンクに差して、そこに旗のついた釣り糸を通します。ちなみに、ストローの先端にミシン用のプラスチックボビンをつけているのは、旗が立ちやすくするためです。
  3. 釣り糸の反対側の端に、発泡スチロールのかけらと、おもりになるものをつけて、養液の中に投入します。

これだけです。

養液が減ってくると、水面に浮いている発泡スチロールが下がっていき、おもしの重さで釣り糸がペットボトルの中に引っ張り込まれ、その力で旗が立つ、というしくみです。

奥さん、水が足りないですよ!!
簡単に作れて、旗が立つという遊び心が楽しい水位計です。

欠点は、養液が再び満たされても、旗が自力では戻らないことでしょうか?
養液を補給するたびに、旗を倒しておけば良いだけのことなので、良しとしましょう。

ちなみに、写真の旗は、パチンコ屋さんの派手な広告の一部を切り抜きました(^^;)
そのつもりで広告を見ると、3cm四方くらいなら、意外と面白い模様が採種できて、旗作りもなんだか楽しくなりますよー。


はじめて旗が立ったときは、なかなか感動します♪
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ