発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


9/10/2012

モロヘイヤといたちごっこ

暑い。ものすごく暑い。9月だっていうのに34度だって。暑すぎる。

でも、朝夕はずいぶん涼しくなったよね。
なんといっても、日照時間はかなり短くなってるもの。

夏至の6月23日がいちばん日が長いのだから、
そこを堺に考えると、だいたい4月上旬の日照時間と同じですからね。
そりゃ短くなったよねー。

そういう訳で、夏の野菜たちも、涼しさにホッとしつつラストスパート。
少しづつ終焉を迎えています。

とりあえず、大葉は全て撤収となりました。
1ポットの苗から育てたペットボトル5本分の大葉は、本当に大活躍でした。
食べきれない大葉は、さっと火を通して少しお塩を入れて飲むと、和製ハーブティ大葉茶です。
どれだけ育っても怖くないよ?笑

今、自ら終焉を迎えようと躍起になっているのがモロヘイヤ。
さっさと伸びて、花咲かせて、種作って終わらせよーぜ!みたいな勢いです。

どんどん伸びます、モロヘイヤ
でも、そう生き急いでもらっては困るのです。まだもう少し頑張ってもらわないと。

生き急ぐモロヘイヤを阻止するには、花が咲く前に収穫することです。
どんどん育ってくる若芽をどんどん収穫、これをひたすら繰り返します。

刈られた後の、モロヘイヤ
3株あるので、ローテーションしながら収穫。
なんだか、ほぼ毎日モロヘイヤ食べてる気がします・・・(^^;)

今年はいい感じに花芽が出るのを阻止しています。
モロヘイヤの間に、ツルムラサキが挟まって、ときどき空芯菜。
そして、さらにときどき、おかのりのお味噌汁。
キュウリは毎日、オクラも毎日、ししとうも毎日。

我が家の夏野菜は、こうして自給自足されているのでした。
あきらかに、偏ったラインナップで供給過剰。笑


モロヘイヤが終わる頃には、空芯菜とツルムラサキが主役の座を狙っています

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ