発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


9/07/2012

我が家のオクラ近況

スタートの遅かった、今年のオクラ。

毎年、育苗に失敗するのです。直根の植物を扱うのが下手くそ。
単に扱いが雑とも言いますが・・・汗。

そんなわたしの手で無事に育った丈夫なオクラちゃん。
全部で4本が成長して、コンスタントに実を生らしてくれます。
現在、オクラも自給自足できています。

今朝の様子 収穫できる実が生ってます
現在、Twitterで、#HOG22 (平成オクラ合戦にょきにょき)に参加しています。
オクラの葉は、なぜ細くなっていくのか?をいろいろ研究している人たちのお仲間に入れてもらったの。

すくすく農園でも、オクラの葉の形状は、毎年ブログに取り上げて悩んでいます。
成長するにつれて、だんだん切れ込みが深くなっていくオクラの葉。
ネット上には、栄養が足りなくなると細くなるとか、栄養過多だと細くなるとか、いろんな説が飛び交っていますが、コレだ!という答えに出会えないのだな。

水耕栽培って、栄養分が与える養液のみなので、養分の管理は比較的しやすい訳です。
だから、栄養云々という説は、あまりピッタリ当てはまらないのではないか?という印象を受けるのです。いやね、栄養管理がいい加減なわたしが言うことじゃないんだけどね?

我が家の今のオクラを見てみると・・・

もっとも下の方に育っている葉
オクラの株が小さい頃、特に花が咲く前に生えてくる葉って、たいてい切れ込みが浅くてなんというかぽってりした葉なのです。よく太ってるというか・・・

ところが、株が成長するうちに、どんどんと切れ込みが深くなっていくわけで。

これが中間層の葉 ずいぶん細くなったところ
これが最新の葉っぱ 細っ!!
芯にちょこっと肉がついてるだけな感じ
ねぇ、下から上にグラデーションのような、バラエティパック的な葉相をしています。

毎年育てている印象では、花が咲いて実が生って、どんどん背が高くなっていくほど、葉っぱの切れ込みは深くなっていってるようです。

これってさ、コリアンダーの葉っぱも似てるよね??
コリアンダーって、トウ立ちしてくると、葉っぱの形状がガラリと変わっていくのよね。
あれとは違うのかな?

栄養と関係なく、花実がついたら葉が細くなる、わたしの中では、そんなシンプルなイメージです。


でも、それは答えとしては、ちょっとつまらんよねー
どうせなら、もっと大胆で面白い仮説が立てたいところ・・・

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ