発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


11/27/2012

MFT2012:なぜわたしがお台場に行くことになったのか?

東京のお台場で開かれる、DIYの祭典、Maker Faire TOKYO 2012。
もうあとわずか4日後に迫ってきました。

Sodatte, で特集を組んでいただきました。MFT2012って何?という方はこちらへ!
小心者なわたし、こういうイベントに参加・出展するのは、初めて。
ましてや、思うようには育ってくれない植物相手に、ヤキモキする日々を送っております。
無駄に不眠気味デス・・・(^^;)

ところで、今回yaefit1500は、「マツジルシ」というチームの一員としてMFT2012に参加します。

この「マツジルシ」は、それぞれの得意分野を生かして、なにか面白いものを作ろうよ、それを作る過程を楽しもうよ、という趣旨で集まった7人(2012年11月現在)のチームです。
現在、今週末に迫ったイベントに向けて、それぞれが作品作りのラストスパートに入っています。

いえ、わたしはもう、苗が無事に育ってくれることを祈り、苗が名古屋-東京間の運搬に耐えてくれることを祈るのみですがね・・・(-人-)その祈りがラストスパート。

芽よ出ろ~、芽よ出ろぉぉぉ~
・・・・

最初にこの試みに誘われたとき、やりたいことはいっぱいアルけど、やれることはナイな・・・と思って聞いていました。で、自転車なら漕ぎますけど?とか言って話を逸らしていました。

そもそも、すくすく水耕栽培は、どこの誰よりアナログで、どこの誰より工作下手。
いかに簡単な工作技術で、いかに大量に収穫するか・・・、そこにひたすら注力してきました。

でもそれは、自分にできる範囲で、できることをやろうと思ったら、そうせざるを得なかったから。

あるとき、温度制御ができないから冬場の育苗が思うようにできない・・・、と言ったら、それを作ろう!という話に発展しまして。

え?温度制御装置作ってくれるの?!
実は、喉から手が出るほど育苗装置が欲しかったyaefit1500。
パクッと食いついたわたしは、あっさり「マツジルシ」に釣られてしまっていたのでした。むぅ。

・・・・

そういう訳で始まった、この企画。

「過程を楽しむ」はずが「過程を苦しむ」ことになったように思わないでもなくもありませんが、イベント開催を前に、その過程を写真で紹介していきます♪


----------------------

Maker Faire Tokyo 2012

日時:2012年12月1日(土)12:00~17:00、2日(日)10:00~17:00(予定)
会場:日本科学未来館 企画展示ゾーン(1階)ほか <-- マツジルシは、7F 会議室1 デス!
東京都江東区青海2-3-6
入場料:
前売:大人 1,000 円、18歳以下 500円
当日:大人 1,500 円、18歳以下 700円
※ 小学校未就学者は無料
※ 期間中1日限り有効
----------------------




水耕栽培お仲間のNaomiさんとアキエダさんが主催する園芸サイトSodatte,
今回は、いろいろ助けていただいて、本当にありがとうございました。

----------------------


わたしは、1日の夕方と、2日の午前中、ブースに詰めている予定です

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ