発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


9/29/2012

台風に備えて撤収&避難

台風が近づいてきました。

来るぞ!来るぞ!と大騒ぎするのに、蓋を開けると何も起きなかった、というケースが多い最近の名古屋ですが(ギリギリのところで、台風が名古屋の東を通過することが多いのです・・・)、そう言って安穏としていると、痛い目に合いそうなので、今日は慌てて対策を取りました。

ゴーヤを撤収
今年のゴーヤは、本当に情けない結果に終わりました。
なんというか、枯れ葉でブラウンカーテン状態でしたよ・・・

屋内に退避できない生き残り野菜たちは、壁際に退避
部屋に避難できない野菜たちは、ベランダの壁に押し付けて、できるだけ暴風に煽られないように退避しました。それぞれの栽培装置は、5リットルの焼酎ペットボトルに水を入れた、極太ペットボトル親衛隊にぐるりと取り囲まれて守られています。

ただし、コレだけは手の打ちようがなく・・・

巨大化しているツルムラサキ
左側で育っていたラリーノが撤収された今、なんともアンバランスに育っているツルムラサキですが、そうなんです、この巨大な野菜は、もう退避もなにも、あったもんじゃありません。

このまま放置です。あとは野となれ山となれ。

後ろのガラス戸が割れないように雨戸を閉めたら、あとは合掌して祈るのみ。
ちなみに、手前のロープは、ミニトマトのアイコを宙吊りにしているロープです。ツッパリ棒がここに倒れてきたら、すなわちアイコもお陀仏です。

初夏に昇天したアイコの忘れ形見です、実が1個もつかないけど・・・
台風17号、どんだけ暴れるか、もうそれだけ心配です。

みなさま、台風対策は万全ですか?無事に通り過ぎることを祈りましょう~。


・・・そう、あとできることは、ひたすら祈るのみ・・・

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/28/2012

台風が来るぅぅぅー

秋です。

暑いけど、この空は秋です
ちなみにコレは奇跡的に復活したフェンネルです
花咲け~、種出せ~
すくすくのベランダ菜園では、少しづつ夏野菜たちが終焉を迎えています。

大葉が姿を消し、キュウリが姿を消し、ゴーヤが枯れ木となり、モロヘイヤも花が咲きまくるので今週末に撤収か?という感じ。

その中で、夏の終わりを感じさせない元気一点張りな野菜がコチラ。

コマネチ度が半端ないオクラ
オクラ、元気です。
去年よりスタートが遅かった分、まだまだ成長途中なサイズです。

それにしても、新しく伸びてくる葉は切れ込みが激しくて、激しくて。

Naomiさんの提唱?した、葉先から切れ込みまでの長さ÷葉全体の長さ(でしたよね?Naomiさん?)で算出する、葉の切れ込み具合を表すパーセンテージ、その名も「コマネチ度」を計ろうと思ったんですけど、ご覧のとおり、もう計測不能ですっ!!笑

このオクラ、2週間ほど前にテントウムシの幼虫ラッシュになり、前代未聞にテントウムシの蛹だらけになった訳ですが、その直後に来た台風のあおり風のおかげで、孵化したテントウムシはほとんどみんな飛ばされていなくなってしまいました。残念。

でも、幼虫の捕食と暴風のおかげで、アブラムシもキレイサッパリいなくなりました♪
今は残る天敵アオムシと闘う日々ですが、それを除けばすっかり元気、とそういう訳です。

まだまだ食べますよ、自家製オクラ
そして、ツルムラサキ。

ぼーぼー
去年もそうだったけど、この季節からやたら元気になるのがツルムラサキ。
ネットの向こう側はほとんど日が当たらないくらいの伸びっぷりです。

秋だし。そろそろ屋内にも日差し欲しいし。

気づくとあらぬ方向へ伸びていくので、茎ごとバスバス切り倒します。
そういう勢い。
これが野生で近所に生えてたら迷惑だわー、と思ったりしながら栽培しています。爆
こちらも、まだしばらく収穫が楽しみそう。


だが、しかし。


台風が来てるじゃないですかー。
しかも、ずいぶんと大きいのがー。
しかも、17号の進路見てると、ニッポン直撃じゃんかー??

名古屋は台風の東になるか西になるか、微妙なライン
・・・ゴーヤは撤収するにしても、ツルムラサキはねぇ、どうするかねぇ・・・

すくすく菜園は、今育てている野菜たちが終わったら、冬眠する予定です・・・Zzzz

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/15/2012

サナギ!さなぎ!蛹!

我が家のオクラを闊歩していた大量のテントウムシの幼虫が、一斉に蛹になっちゃいました。

あんなにたくさんの幼虫が共食いする心配もないくらい、アブラムシに集られていた我が家のオクラですが、おかげさまで、ずいぶんとマシになりました。
彼らの頑張りに感謝すべく、孵化するまで温かく見守りたいと思います。

ツブツブが、みんなサナギ・・・(^^;)
関係ないけど、ずいぶんアオムシに葉を食われてます
それにしても、よくまぁこんなに育ったものです。半端ない数のサナギです。ビックリ。

まだまだアブラムシがいっぱいなのが分かりますね・・・汗
オクラの実の上でサナギになっちゃった子もいるみたいですが、どーするつもりよ??

それにしても、これだけのテントウムシがいながら、食べつくせないアブラムシ。相当量だったことが分かります。
今、キュウリがアブラムシ最盛期。このままだと、アブラムシに吸い尽くされて枯れちゃいそうです。撤収しようか、次なるテントウムシの養殖場にしようか、迷い中。。。

テントウムシを見ると、栽培している野菜を犠牲にしてもアブラムシを養殖して体制を整えようとしてしまう、訳のわからないyaefit1500です。

だって好きなんだもん・・・テントウムシ・・・ぼそっ。

孵化するのが、たのしみだー!!

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/10/2012

モロヘイヤといたちごっこ

暑い。ものすごく暑い。9月だっていうのに34度だって。暑すぎる。

でも、朝夕はずいぶん涼しくなったよね。
なんといっても、日照時間はかなり短くなってるもの。

夏至の6月23日がいちばん日が長いのだから、
そこを堺に考えると、だいたい4月上旬の日照時間と同じですからね。
そりゃ短くなったよねー。

そういう訳で、夏の野菜たちも、涼しさにホッとしつつラストスパート。
少しづつ終焉を迎えています。

とりあえず、大葉は全て撤収となりました。
1ポットの苗から育てたペットボトル5本分の大葉は、本当に大活躍でした。
食べきれない大葉は、さっと火を通して少しお塩を入れて飲むと、和製ハーブティ大葉茶です。
どれだけ育っても怖くないよ?笑

今、自ら終焉を迎えようと躍起になっているのがモロヘイヤ。
さっさと伸びて、花咲かせて、種作って終わらせよーぜ!みたいな勢いです。

どんどん伸びます、モロヘイヤ
でも、そう生き急いでもらっては困るのです。まだもう少し頑張ってもらわないと。

生き急ぐモロヘイヤを阻止するには、花が咲く前に収穫することです。
どんどん育ってくる若芽をどんどん収穫、これをひたすら繰り返します。

刈られた後の、モロヘイヤ
3株あるので、ローテーションしながら収穫。
なんだか、ほぼ毎日モロヘイヤ食べてる気がします・・・(^^;)

今年はいい感じに花芽が出るのを阻止しています。
モロヘイヤの間に、ツルムラサキが挟まって、ときどき空芯菜。
そして、さらにときどき、おかのりのお味噌汁。
キュウリは毎日、オクラも毎日、ししとうも毎日。

我が家の夏野菜は、こうして自給自足されているのでした。
あきらかに、偏ったラインナップで供給過剰。笑


モロヘイヤが終わる頃には、空芯菜とツルムラサキが主役の座を狙っています

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/09/2012

救世主あらわる!

ここのところ、アブラムシが大増殖しています。

場所は、オクラとラリーノ。葉裏がアブラムシでいっぱいです。
今週末は、コーンスターチを溶いた水を噴霧して、アブラムシを一掃しようとたくらんでいたのですが、いざベランダに立ってみたら、そんなことできない事態になっていました。

テントウムシの幼虫!!
いやね、全然気づいてなかったんだけど、今、我が家のオクラはテントウムシの幼虫がフィーバー中です。すごい、すごい量の幼虫です!!すごい量の幼虫なんだけど、すごい量の幼虫を撮ろうとすると、すごい量のアブラムシも一緒に写っちゃうので、自主規制しますが、20匹とか30匹とか、そのくらいはいます。もっといるかも?いつの間に??

このままだと、あっという間にオクラのアブラムシがいなくなっちゃうと思うので、そうしたらラリーノのところに異動してもらって、そちらでも働いてもらおうかと。

ぐふふ、楽しみ。

オクラに滞在していた成虫のテントウムシを見る限り、この幼虫たちはダンダラテントウの幼虫のようです。

これで当面、アブラムシ対策は安泰です。あとはアオムシ対策だな・・・。それとハダニね・・・。

これからの季節、夏を越して体力の落ちている野菜たちには、いろんな試練がやってきます。


ハダニが面倒なんだよねー、ハダニがー

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/07/2012

我が家のオクラ近況

スタートの遅かった、今年のオクラ。

毎年、育苗に失敗するのです。直根の植物を扱うのが下手くそ。
単に扱いが雑とも言いますが・・・汗。

そんなわたしの手で無事に育った丈夫なオクラちゃん。
全部で4本が成長して、コンスタントに実を生らしてくれます。
現在、オクラも自給自足できています。

今朝の様子 収穫できる実が生ってます
現在、Twitterで、#HOG22 (平成オクラ合戦にょきにょき)に参加しています。
オクラの葉は、なぜ細くなっていくのか?をいろいろ研究している人たちのお仲間に入れてもらったの。

すくすく農園でも、オクラの葉の形状は、毎年ブログに取り上げて悩んでいます。
成長するにつれて、だんだん切れ込みが深くなっていくオクラの葉。
ネット上には、栄養が足りなくなると細くなるとか、栄養過多だと細くなるとか、いろんな説が飛び交っていますが、コレだ!という答えに出会えないのだな。

水耕栽培って、栄養分が与える養液のみなので、養分の管理は比較的しやすい訳です。
だから、栄養云々という説は、あまりピッタリ当てはまらないのではないか?という印象を受けるのです。いやね、栄養管理がいい加減なわたしが言うことじゃないんだけどね?

我が家の今のオクラを見てみると・・・

もっとも下の方に育っている葉
オクラの株が小さい頃、特に花が咲く前に生えてくる葉って、たいてい切れ込みが浅くてなんというかぽってりした葉なのです。よく太ってるというか・・・

ところが、株が成長するうちに、どんどんと切れ込みが深くなっていくわけで。

これが中間層の葉 ずいぶん細くなったところ
これが最新の葉っぱ 細っ!!
芯にちょこっと肉がついてるだけな感じ
ねぇ、下から上にグラデーションのような、バラエティパック的な葉相をしています。

毎年育てている印象では、花が咲いて実が生って、どんどん背が高くなっていくほど、葉っぱの切れ込みは深くなっていってるようです。

これってさ、コリアンダーの葉っぱも似てるよね??
コリアンダーって、トウ立ちしてくると、葉っぱの形状がガラリと変わっていくのよね。
あれとは違うのかな?

栄養と関係なく、花実がついたら葉が細くなる、わたしの中では、そんなシンプルなイメージです。


でも、それは答えとしては、ちょっとつまらんよねー
どうせなら、もっと大胆で面白い仮説が立てたいところ・・・

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

9/04/2012

万願寺とうがらし撤収

もう、いろんなものが突然死するのは、我が家ではアタリマエのことと思わなければなりません。

今日、突然ヨレヨレになってしまった、万願寺とうがらしを撤収しました。

週末に、突然ヨレヨレに・・・
ペットボトルに対して株が大きくなりすぎて、かなり不安定だったので、接地点くらいのところでポッキリ逝ってしまったようです。あぁぁぁー。

今年、我が家の万願寺とうがらしは、全部、ちょっと大きな「ししとう」サイズが限界でした。
万願寺とうがらしって、15cmはあるイメージだったんだけどなぁー。

来年は、もっとちゃんとした支柱を立てて頑張ります!

毎年秋にはそう決意して、次の春にはまぁいっかー?とか思って、夏になってまた後悔する
・・・っていうのを繰り返していますが、なにか文句ある?(^^;)

土曜日には、ししとうもこんなになって焦りましたが、こちらは生き返ったようです
ししとうも、そろそろ収穫の最盛期が近づきつつあります。
今はまだ、きれいな形に育たない実が多いですが、それでも数はどんどん増えてきていますよ。

・・・まぎらわしいけど、これはシシトウではなく、撤収した万願寺とうがらしです・・・
栄枯盛衰。夏の野菜は終わりを告げ、初秋の野菜が元気を増しています。
大葉やバジルはほぼ撤収し、モロヘイヤはラストスパート。
ししとうや空芯菜は、これからもう少し、頑張りそうです。
秋冬に向けては、かろうじてミックスレタスの種まきをしてみました。

そうそう、今年の秋冬はどうするかなー?
せめてレタスくらい育てるかなぁー??
それとも去年みたいに冬眠するかなー???


今年こそは、初春用の育苗器を作りたいと思っている。いや、きっと、思うだけで終わるけど・・・

にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ