発泡スチロール箱

大容量で保温性の高い発泡スチロールは、大型の水耕栽培にピッタリです。買ったことはありませんが・・・笑

カリグリーン
キュウリのうどんこ病に使いました。コレで我が家のうどんこ病は抑えられました。安全性が高く環境にも優しい薬剤だそうです。

コロマイト乳剤
減農薬栽培では農薬としてカウントされない、天然物の農薬です。我が家のハダニ・サビダニ被害はコレで回避しました


12/31/2012

ありがとうございました

今年もあと僅かになりました。2012年最後の投稿です。

わたしの冬栽培は、アイコの撤収により、残すところこれだけになりました。

MFT2012の出展野菜たち
イベント出展のためにタネを蒔き続けたミックスレタスと水菜、そしてプチっと水耕栽培で育て始めた野菜たちです。

育苗プレート(たこ焼き器)の苗玉たち
こんなに育ちました
MFT2012の出展で、たこ焼きプレートの上に乗っていた苗たちは、やっとこれだけ育ちました。
さすがに、12月の日照では育つのもゆっくりですね。
ちなみに、青いプレートの下はこんな感じに根が張っていますよ。

まだまだこれからです
ちょっとばかりタイミングが早すぎて出展を逃した苗玉たちは、ほとんどが水菜。
ちょうど収穫ができるサイズに育ってきました。

間引きを兼ねて収穫
日当りの良い場所で育つ水菜は、シャキッと元気です。
苗玉1つから4~5株も育っていたので、かなり間引いたのですが、葉と葉の絡まること絡まること・・・笑

もっさもさ
こちらの根っこは、しっかり広がって、もう一体化してますね。

根っこも絡まる絡まる~
この野菜たちは、普段人のいない場所で栽培しているので、500mlのペットボトルでは水遣りが追いつかなくなってきたので、栽培層は500mlペットボトルのまま、養液層だけ発泡スチロールに移植しました。

ミニ白菜の葉が立ってきましたよ!
中央部分も渦を巻いてきました
白菜はこの1株だけなので、なんとか自力で玉になって欲しいなぁと思います。

今年は、これまでずっとブログ上でのお付き合いだけだった水耕栽培仲間@東京のみなさんとリアルにお会いすることができたことが、なにより嬉しいできごとでした。

ただただアバウトに続けてきたすくすく水耕栽培ですが、もっとみんなと情報交換したり、刺激し合ったりできるような何かがしたいなぁ、と思ったできごとでした。

まだ、何をするのか、具体的なことは考えていませんが、2013年が新たな一歩になりますように。

みなさま、今年もたいへんお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を~。


ふう、ぎりぎり間に合った・・・笑;


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

12/30/2012

アイコも撤退します

アイコがもうダメみたいです。

ヨレヨレ
雪の日も難なく耐え、けっこうイケるじゃん?と安心して、結局寒さ対策もせずに過ごしていましたが、ダメだったようです・・・(^^;)

ある程度大きく育った実を慌てて収穫しました。


数えたら、全部で67個ありました。

いっぱい生ってると思ってたけど、食べられる程度のサイズに育っているのはコレだけでした。
小さな実はまだもっといっぱいあるけれど、トマトの小さい実は毒(トマチン)の含有量が多いのだそうで、食べないに越したことはないそうです。

年は越せなかったけれど、ここまで良く頑張ってくれました。

収穫した実は、室内で追熟して食べるか、青トマトのジャムにするか、悩みましたが、赤くなってきた実を食べたら、あまりに美味しかったので、追熟することにします。

最後のアイコは、酸味の全くないフルーツみたいな甘みの凝縮されたトマトになったようです。


年末のあいさつを・・・と思ったけど、まだ30日なので、明日にしましょう♪


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

12/25/2012

土耕?と見紛う水菜の成長

すごいんです、水菜の成長が。

冬のすくすくのベランダは、夏場のアレはなんだったんだ?くらい日当りが悪いのです。

そこで、今年の冬は、MFT2012で出展協力を得たマツジルシの日当りのよい作業場をお借りして、水菜・ミックスレタス・白菜・アイデアルを育てているのです。

ただ、作業場なので、毎日人がいるワケではありません。
水遣りに困るので、できるだけ回数が少なくても良いように、養液層を大きくしたい、というのがありました。

そこで使用したのが、発泡スチロール箱。
500mlペットボトルの栽培層はそのままに、養液層を発泡スチロールに変えちゃったのです。

今回の場合は、小葱の入っていた細長い発泡スチロールをアルミシートで覆って遮光して、蓋に3つ穴を開け、ペットボトルの養液層を差し込みました。

11月末にはこんなだった赤矢印の苗たち
移植風景・・・500mlPETから発泡スチロールへ・・・
発泡スチロールの中には、500mlペットボトルとは比べ物にならないくらい大量の養液が入れられます。30倍は軽く超えているんじゃないでしょうか? 養液切れを起こす心配はほとんどなくなりました。

安心するのは人間だけではありません。
ここで育てることにした、水菜・ミニ白菜・アイデアルたちも、サンサンと太陽を浴びて、養液を吸いたいだけ吸って、育ち放題になったワケで。

移植してから、およそ2週間で、この成長ですからビックリ!!

お互いが干渉しあって、成長し辛そう
ミニ白菜が 小さく見えるくらい、水菜とアイデアルの成長が著しいようです。
というか、水菜の成長が、水耕栽培の域を超えています。

(写真:松岡@マツジルシ)
まるで、露地モノの野菜のようなどっしり感。

ここまで大きく育つと、サラダで食べる水菜ではありません。

これは鍋に投入決定ですな♪

こちらはまだサラダで食べられそう?
苗玉の苗たちも、すごいことになり始めています。
でも、こちらの葉っぱは、まだサラダで食べられる感じかな?

日当りの良さがもたらす成長の違いを痛感する風景です。

あ、Merry Xmas!!


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

12/21/2012

空中浮遊大根その結果

記事にするのをすっかり忘れていました。

MFT2012の出展の際に、参考展示しようと張り切って育てていた空中浮遊大根の話です。

結局、展示スペースの関係で常時展示をあきらめて、話のはずんだ人に、裏から出してきてお見せしよう、と思ってスタンバイだけはしていたのですが、予想をはるかに超えたお客さんで、奥から出してきてお見せする余裕もなく、2日間待機しているだけで終わってしまったのです。残念。

でも、こんなに可愛らしい出来栄えだったんですよ!
二十日大根のタネを蒔いたのは、たしか10月の初旬でした。


これが10月中旬頃の様子
4株用意したうちの2株は日当たりのよいお家に住んでいるチームのメンバに託し、残りの2株は同じく日当たりの良い作業場で育てました。

そして11月初旬・・・このあたりで、日当たりの良い作業場に引越
やっぱり日当りが良いって生育が違うのね?と実感した頃。
日当りのよいマツジルシの作業場では、こんなに葉色が良くなりました。
まさに、すくすく。

11月中旬・・・引越しの甲斐あって、すくすく育ちました
11月下旬に入る頃には、こんなに立派に
イベント直前の週に、チームのメンバに託していた浮遊大根を回収しました。
特に育ちがよかったのがM氏の作品。

イベント直前に里子から帰ってきたら・・・あれれ?

 なんと、針金でぶら下がっていた大根の部分は、まるでヒョウタンのようにウエストがくびれたナイスバディ?な二十日大根になっていたのでした。

ひょうたんのように膨らんだ、空中浮遊大根が完成!
これホントに楽しいです。発案されたのは、FOXさん
まったく土を使わずに大根を育てられるのです。
しかも、できあがる大根は、まるで空中に浮いているよう♪

ぜひお試しください。

すくすく水耕栽培で育てた空中浮遊大根は、ペットボトルにステンレスの針金を通して育てました~


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

12/18/2012

ツルムラサキその他、今さら撤収

すくすくのベランダは、夏の様相を残したまま、時が止まったようになっております。

いえ、夏の盛況ぶりを考えたら、ずいぶん大人しくなりましたが・・・
夏場と違って、冬場は日当たりが悪いので、致し方ないんですけれども。

このツルムラサキも、伸びず枯れずで、ここまで来ています。
柔らかい葉を選んで収穫して、ときどき食しています。

ただ、先週の寒さで霜に当たっちゃって、急激に葉の調子が悪くなり・・・

こんなだったのが・・・
こんなになってしまい・・・
葉が痛んですっかり白くなってしまいました。

週末が思いのほか暖かかったのに助けられて、撤収することになりました。
ツルムラサキのゴマドレッシング和え、今年はどんなに食べたことか・・・ツルムラサキに多謝。

ついでに、ししとうも刈り込みました。

スッキリ、サッパリ
ししとうは多年草だと知ったのは、確か去年の冬。
今年こそは、越冬させてみようと思っていたのです。

でも室内には置くところがないので、ベランダで越冬です。
いや、そんなんで越冬できるのか?かなり謎ですが、春になって芽が出たらラッキーということで。

ペットボトルの空芯菜も、発泡スチロールの空芯菜も全て撤収して、ベランダはかなりスッキリしました。

残っているのは、ミニトマトのアイコと、金時草くらい。

そうそう、金時草!これは、夏場に葉っぱさんからいただいたものなんですけど、置き場がなくて困った挙句にペットボトルに突っ込んでいたのですが、これがまた元気に育っているんです。


日差しを求めてずいぶんと不恰好に育っていますが、どんどん脇芽が伸びているので、来年が楽しみです。それにしても、上から吊るとかしてあげないとかわいそうだね・・・(><;)

あとは、撤収して脇に置いておいたフェンネルが芽を出して復活しそうな雰囲気なので、敗者復活に回ることになりました。上手くいけば、また春に種が取れるかな♪

こうして、すくすくのベランダは、すっかり冬眠状態に入りました。
旬なのは、東の出窓にある、MFT2012の名残りのミックスレタスたちくらいでしょうか?



MFT2012の名残りといえば、日の当たらないベランダの代わりに活躍しているのが、マツジルシの作業場なんですが・・・

太陽を浴びて、ワッサワサ♪
なかなか自分で自由に水遣りすることができないので、そろそろ限界かなぁ。
我が家のベランダに引越しするか、ベビーリーフで食べちゃうか、迷い中です。


MFT2012も一段落して、yaefit1500はやや冬眠モードです
あ、プチッと水耕栽培のフォローサイトは、緩~く年明けに立ち上げ予定です
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

12/13/2012

アイコは勝った、シシトウは負けた?

今週はホントに寒いねぇ。。。
この寒さ、週末には回復して、一転10℃くらい気温が上がるらしい。極端だなぁ・・・。

さて。

先日の軽い積雪で、アイコはどうなったかというと・・・。

たわわ
・・・どこか変わったところはありますか・・・?
先日アップした写真と違うところはどこか?と探してしまうくらい変化ナシ。
無事に寒さをやり過ごしたようです。ほっ・・・

一方で、お別れのときが近づいているような気がするのが、こちら。

ヨレヨレの巨大シシトウ
ここまで大株になったシシトウですが、寒さに当たって急激にヨレヨレになってきました。

枝葉を刈り込んで、春まで置いておくと、また新芽が出て育つという話を、園芸でちょこっと科学のともこさんの記事で読んだ記憶があるのです。

今年はトライしてみようかな!そうしたら、苗から育てるより早くししとうが大きくなれるかも?なれないかも?

シシトウは、すくすく水耕栽培のトレードマークみたいなものですからね、ちょっとだけ真剣です。


シシトウがいなくなったら、ベランダもいよいよ寂しくなるなぁー


にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ